ふれあいのまちづくりの実現を目指して

社会福祉協議会は、誰もが安心して暮らせる「福祉のまちづくり」を目指す民間の組織です。

 子どもも、大人も、お年よりも、障害のある人も、ない人も、みんなが「住み慣れた地域で、安心して暮らしたい」と願っています。しかし、地域には一人ではどうすることもできず、誰かの支援を必要としている方もおられます。

 桜井市社会福祉協議会では、在宅福祉サービスの提供や、ボランティア活動の推進などとともに、地域の福祉ニーズを把握し、地域の住民やボランティア、福祉の関係者や団体など多くの方々の協力を得て、「誰もが安心して暮らせる、福祉のまちづくり」のために活動を進めています。

 

みんなでつくる「福祉のまちづくり」にあなたもご協力ください。

 

「住んで良かった」福祉のまちづくり

ふれあいのまちづくり事業を実施しています

 住み慣れた家庭や地域で暮らすためには、様々な介護サービス、福祉サービスの利用とともに、地域住民による支え合いの活動が重要となります。地域住民の方々や関係機関の連携のもと、「共に支え合う地域づくり」を目指して、桜井市社会福祉協議会ではふれあいのまちづくり事業を進めています。

小地域福祉ネットワーク活動を進めています

 お年寄りや障害者を含む、みんなが充実した生活を送るためには、わたしたちの住む身近な地域の「助け合いの集まり」が必要です。大字や垣内の単位の中で、福祉ニーズを発見し、助け合い活動へつなげていくために、地域福祉委員や、民生児童委員、自治会、ボランティアなどの皆さんが協力し、地域の福祉ネットワーク化を進めています。

地域福祉委員とは

 自治会や、民生児童委員、老人会、婦人会などの各種組織やボランティアと協力して、地域の福祉問題を発見し、実態の把握、ボランティアなどの人づくりをし、住民同士の助け合い活動(小地域福祉ネットワーク活動)へ結びつける役割を担った人たちです。 各自治会には3人(自治会の規模などにより増減有り)の福祉委員がいて、小地域福祉ネットワーク活動のひとつである「ふれあいサロン活動」の企画、運営や、実態把握のための調査、地区社協の活動への協力など、地域の住民のみなさんと協力して、福祉のまちづくりを進める活動をしています。

地区社会福祉協議会(地区社協)とは

『住み慣れた地域で、安心して暮らし続けたい』という、みんなの願いを住民相互の助け合い活動で実現へと目指す組織です。

 桜井市内では、小学校区を単位とした「地区社協」で、地域の実情に応じた取り組みが順次始まっています。

 地区社協の活動は、民生児童委員や自治会、地域福祉委員の他に、様々な団体や個人の方がボランティアとして関わっています。さらに地区社協の活動を活発にするためには、地域に住む皆さんの協力が必要なのです。
 平成27年5月に三輪地区社協が設立し、現在、市内の13地区におきまして、それぞれ地域に根ざした福祉活動を展開しています。

あなたのまちの地区社協

上之郷地区社会福祉協議会 桜井地区社会福祉協議会 桜井南地区社会福祉協議会
多武峰地区社会福祉協議会 朝倉地区社会福祉協議会 大福地区社会福祉協議会
安倍地区社会福祉協議会 初瀬地区社会福祉協議会 纒向地区社会福祉協議会
城島地区社会福祉協議会 桜井西地区社会福祉協議会 織田地区社会福祉協議会
三輪地区社会福祉協議会    
 

       地区名をクリックすると各地区社会福祉協議会の活動内容が見られます。


[ 一つ戻る ] /[ トップに戻る ]