福祉サービス利用援助事業
       (日常生活自立支援事業)

 認知症のお年寄りや知的障がい者、精神障がい者の方々などで、判断能力が十分でない方々が、住み慣れた地域で安心して生活し続けるため、福祉サービスの利用援助や、日常的な金銭管理などの援助を行い、在宅での自立した生活をお手伝いします。本人と社会福祉協議会が、利用契約を結び、専門員・担当職員と生活支援員がサービスを提供します。

 

不安なココロを安心へ

•  大事な書類の管理に自信がない・・・
•  福祉サービス利用の手続きの仕方がわからない・・・
•  自分一人では自信がない・・・
•  お金の扱いに自信がない・・・
•  色々な料金の支払いが大変・・・

 

(社協がお手伝いできること、それは安心へのサポート)

 

不安

あなたの生活をお手伝いします。

高齢者や知的障がい・精神障がいをお持ちの方などで、介護などのサービスに関することや、ふだんのお金の扱いについて不安をお持ちの場合に、安心して生活ができるようにお手伝いします。

 

このようなことでお困りではありませんか?

福祉サービスを利用するとき、しているとき・・・

•  福祉サービスを利用したり変更したりしたいけれど、手続きの仕方が難しい。

•  利用している福祉サービスに不満や要望があるけれど、どのように言ったらいいかわからない。

日ごろのお金の扱いが必要な時・・・

・サービスの利用料や、社会保険料や公共料金などの支払いがひとりでは難し

い。

・預貯金の払い戻しや預け入れがひとりでは不安がある。

ふだんの生活に必要な手続きがある時・・・

•  送られてくる郵便物や通知物がよく分からない。放ったままにしている。

•  行政や事業所の手続きが必要だけど、ひとりでは分からない。

大事な通帳や印鑑をすぐ置き忘れる・・・

•  大事な書類(通帳や権利証)、印鑑などを置き忘れる心配がある。

 

安心

このようなサービスでお手伝いします 。

 

福祉サービスの利用のお手伝いをします。

•  福祉サービスを利用したり、利用をやめたりする相談のお手伝いをします。

•  福祉サービスの不満・疑問を解決する「苦情解決制度」の利用をお手伝いします。

ふだんの生活に必要な金銭管理のお手伝いをします

•  福祉サービスの利用料や公共料金などの支払いの手続きや確認をお手伝いします。

•  生活費を預貯金から払い戻したり預け入れる時に同行したり、代行します。

ふだんの生活に必要な手続きのお手伝いをします

•  家に届く郵便物や通知物を一緒に確認します。

•  行政や事業所での必要な手続きをお手伝いします。

大切な通帳や印鑑、その他の書類をお預かりします

・通帳や証書類、権利証、印鑑などを社協でお預かりします。

このサービスでお手伝いできないこと
•  本人にかわって施設入所などの契約を決定すること
•  施設入所や入院時の保証人になること
•  預かった資産を運用すること
•  現金や不動産を預かること   など

 

サービスを利用するには手続きが必要です。

このサービスをご利用いただける方(下記のいずれにもあてはまる方)

認知症の方、もの忘れのある高齢者、知的障がいのある方、精神障がいのある方

契約を結ぶこと、利用料がかかることをご理解いただける方

この事業の利用が日常生活の役に立つと認められる方

 

1 相談の受付
 ご本人、ご家族、近所の方、民生委員、ケアマネージャーなど、 どなたからの相談でも社協で受け付けます。

2 訪問
  社協の職員が、ご本人を訪問し、何かにお困りかをおたずねします。
 秘密は必ず守ります

3 支援計画の作成
  「どの様なお手伝いを月や週に何回行うか」などをご本人と一緒に決めます。

4 契約の締結
  内容に問題がなければ、ご本人と社協が契約をします。

5 サービスの開始
  契約のとおりに生活支援員が訪問し、お手伝いをします。

6 支援計画の見直し
  社協の職員が、サービスの内容を定期的に見直します。

 

 

契約を結んで生活支援員の訪問が始まってから利用料がかかります。
それまでは職員が何度訪問しても無料です。

利用料
1時間あたり1,000円 (以降 30 分ごとに500円)
交通費
車、バイク:300円  電車やバス:実際に支払った分
( 生活保護を受給している方は、利用料・交通費とも無料です。 )

 


[ 一つ戻る ] /[ トップに戻る ]