共同募金

 「赤い羽根募金」という愛称で親しまれている共同募金は、「社会福祉法」という法律に定義づけられている民間の募金です。集まった募金は地域の福祉事業に使われることから、地域で生きる寄付金といえます。少子・高齢社会が進む中、老後の生活不安や育児に悩む家庭への支援、障がい者の自立の支援等、地域の人々がお互いに支えあう社会を築くために役立てられています。

 

募金運動期間

毎年10月1日〜12月31日まで、全国一斉に行われています。

 

募金の方法について

戸別募金

桜井市自治連合会などの皆さまのご協力により、各家庭へお願いする募金です。

街頭・イベント会場前募金

駅前などで街を行く人々や、祭りなどの催し物会場に来られた方々にお願いする募金です。

職域募金

一般企業や団体、官公庁などの職場で働く人々にご協力をお願いする募金です。

学校募金

学校で共同募金について学んでもらい、地域福祉について理解を深めてもらうための募金です。

法人・大口募金

企業や個人の方により大口の寄付をお願いする募金です。 

 奈良県共同募金会桜井市支会では、毎年、目標額達成のために、さまざまな場で皆さまに募金のご協力をお願いしています。
 寄付金には税の優遇措置があります。
 ・・・会社など法人の寄付金は、全額損金算入できます。
 ・・・個人の寄付金は2,000円を超えた場合、所得税及び住民税が控除の対象になります。

 

new! 2016年 共同募金結果報告

 ご協力ありがとうございました

 2016(平成28年) 年 10 月 1 日から始まった『赤い羽根共同募金運動』期間中は、市民の皆様には「家庭」、「学校」、「街頭」、「会社」などさまざまな場で共同募金運動にご協力いただき、ありがとうございました。

 総額 9,950,000 円の募金が集まり(表1)、そのうち 7,448,949円を平成29年度に桜井市内で実施される各種地域福祉推進事業に助成いたします。

 また残りの 2,501,051円が奈良県内で広域的に活動する民間の社会福祉事業に奈良県共同募金会を通じて配分されます。共にたすけあい、住みよい街づくりの実現のために、共同募金運動に引き続き皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

  

“共同募金は、寄付した方々の地域で生きる寄付金です”

 

(表1)2016年 桜井市における共同募金実績表 (単位:円)

赤い羽根募金総額 9,950,000

戸別募金 2,501,051
街頭募金 276,268
職域募金 600,044
学校募金 112,106
法人・大口募金 5,345,600
その他募金 ※ 1,114,931

※「その他の募金」とは、市内各所に設置された募金箱や募金機能付き自販機などで
  集まったものです。

  

歳末たすけあい運動

 「歳末たすけあい運動」は、「共同募金運動」の一環として12月中に実施する募金運動です。
 地域住民がそれぞれ福祉問題を共同で解決しようとする自主的な運動であり、皆様から寄せられた募金は、市内の福祉施設や福祉団体等が実施される年末年始の事業経費の一部として配分しています。

     2016年歳末たすけあい運動実績額 2,360,123円
  

  

                

ご意見、お問い合わせは・・・

奈良県共同募金会桜井市支会

  〒 633-0062  桜井市粟殿1000-1

          (桜井市社会福祉協議会内)

  TEL : 0744-42-2724/ FAX : 0744-46-505


[ 一つ戻る ] /[ トップに戻る ]