大福地区社会福祉協議会

平成14年4月13日設立

 当地区では、近年新しい住宅の造成などで人口の流入が増加していますが、高齢化、少子化、核家族化が進んでいます。その中で、住み慣れた地域で、できるだけ元気に、永く、楽しく住み続けたい願望は強いようです。このような願いにこたえるために、子どもやお年寄り、障がいのある方などに見守りと援助を行うことにより、地域住民同士が助け合い支えあう「福祉のまちづくり」を進めています。

◎地区社協の活動目標
   子供も、お年寄りも、障害のある人も、ない人も、住民一人ひとりが安心して
  健やかに暮らしてていけるように、住民の参加と支え合いによる福祉のまちづ
  くり。

 ◎役員構成
   各自治会の会長、民生児童委員、老人クラブ会長、地域福祉委員、各種協力
  団体の代表。

 ◎活動内容
  ・登校時に声かけを実施
   奈良市の誘拐事件を教訓に、ローテーションを組んで、1日3人が担当し、学校
   前や通学路で子ども達を見守りながら声かけ。
  ・夏祭りの夕べに招待
   メイクるタウン作業所の方々を招待。
  ・一人暮らし高齢者宅へ年賀状
   大福小学校児童に協力を頂き、1月1日に届くように発送。
  ・美化作業
   不法ビラの撤去
  ・街頭での共同募金

 ◎経費
  ・市社協助成金
  ・校区自治会助成金
  ・民生児童委員助成金
  ・校区老人会補助金












  下をクリックすると大福地区社会福祉協議会が掲載された社協だよりが
 表示されます。

         社協だよりへ GO!